読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AV女優でなにがわるい

元AV女優です。思うこと書きたいなと思って。

「女はいいよな体売ればいいから」という馬鹿野郎たちへ2

前回の続き)

キャバ嬢はハイスペ女子だから、そんなんいう馬鹿野郎には絶対なれませんというお話を前回してます。

言うなれば、「金持ち・モテモテ・コミュ力・人脈」あるような男ならなれんじゃね?な感じ?

女はメイクがあるし。ある程度はごまかせる。でも、メイクも努力の賜物だからな。

ばかすかお金を使う男には得られぬものだと思う。馬鹿め。

 

んで、キャバ嬢になれなかったらどうするか。

体を売るしかないよね。

たしかに簡単にお金が手に入る。

でもさ、鋼の錬金術師で言ってるじゃん?

「何かを得るためには同等の代価が必要になる」って。(ハガレン大好きだったんだけどさ。)

代価って体だよね。

「気持ちよくなってお金もらえる」ってマジで思ってるなら風俗嬢のツイッター見てこい。

「ファラあごだるい」とか「またが痛い」みたいなことよく書いてるから。(巨根死ね!と思ったりするよ。痛いもん。)

 

気持ちよくはなれるよ。

それなりに。

だけど、体は傷つく。

心も多分傷ついてる。

 

そしてね、穴さえあればいい馬鹿野郎がいるから、売るんだよ。

需要がなければ商売は成り立ちませんから。

 

高齢でも風俗はある。

格安といっても、時給にしたら、パートでは稼げないくらいの高収入ではあるし。

抜け出せない人がいてもおかしくない。

生活水準は、中々下げられないものだし。

どうせ誰も助けてくれないから、自力でなんとかしなきゃいけない。

 

ありがとう、馬鹿野郎たち。

君たちがいるおかげで、我々女子は「最悪」体を売ることができる。

ありがとう、馬鹿野郎たち。

 

ごめんね、私は男の人が基本的には嫌いだ。

でも、嫌いだからこそAV女優の道を選びました。

嫌いだからこそ、できる仕事だと思いました。

「女はいいよな体売ればいいから」という馬鹿野郎たちへ

美女なら、

スタイル良いなら、

おっぱいでかいなら、

そういうなにかを持ってるなら体売れますよ(^_^)

 

でも、大体の人はなにも持ってないし、「キャバくらいなら余裕っしょ」もできません。

あれ、かなりのコミュ力と忍耐力必要だからね。

 

つまらない話を笑顔で聞いて、セクハラにも耐える。

私はキャバクラ無理ーって思いました。

タバコ臭いし、お客さん気持ち悪いし♡

 

まず、なんであんなくだらない内容で馬鹿みたいなお金払えるのかってところにドン引きです。

人としてそういう男、かっこいいとは思えないかな。

女を馬鹿にする前にお前が馬鹿にされていることにまずは気づいていただきたい。

というか馬鹿でしょ。

 

お酒遊びならbarでしっぽりがおすすめです。

銘柄なんて覚えなくていいから、マスターとおしゃべりを。

お酒わからなかったら言えばいい。

「これから通うから、お酒を教えてほしい」と小声で。(恥ずかしいからメニューと睨めっこして高くてかっこよさそうなお酒を頼もうとするんでしょう?)

 

女遊びなら、普通に女の子とデートいけばいい。

お金払わないとできないなら、それはお金でしか女の子買えてないからね。そういう女の子としか出会えなくて当然です。

 

でね、そういうこという馬鹿野郎に限って「そういうお店めっちゃ行ってる」。8割はそう。

簡単に見えるだろうな。

「俺はこんなに金を払ってやってる」んだから。

 

でも、そういう人は仮に女の子になっても、売れない子だと思うよ。

 

現実世界、モテてる男子はお金を使わなくても(デート代は別として、ここではキャバクラや風俗に払うお金なしで)女の子と遊べる。

それはコミュ力だったり、女の子をもてなす用意ができているから、女の子だって「この人ならいいかな」となる。

 

言っとくが、キャバ嬢は相当のハイスペ女子だぞ。

お前なんぞがなれると思うな。

言いたいことがあるから作ってみた

なんでブログをはじめたのかというと、「AV女優強要」やら「女性の貧困」が取り上げられるようになったから。

そういった記事を読んで、「女性として」不愉快に感じた。私が元AV嬢だったから、とかそんなん関係ない感情だと思う。

なんでかな、と思っていたんだけど、そういうの書く人は2つの感情で書いていることに気がついた。

 

1つ目は、「かわいそうな女性」像を作ることで得をするから。

2つ目は、「偏った正義感」で良いことをした感覚になれるから。

 

「かわいそうな女性」がいたらなんで得かというと、それは男女で違う気がしている。

書いてる人が男性なら、「もっともらしく書き立てて、『女性の性』に触れられる。(正直、気持ち悪いです。そう書いてるつもりがなくても、それが表に出ているから男性にウケるのでしょう。)

書いてる人が女性なら、「女性の権利」を主張する材料にできる。(そういう主張が肩身狭くなる原因にもなることをお忘れなきようにお願いしたいです。)

ちなみに、川名さんは頑張ってらっしゃるなと思ってます。応援しかできないですけど。

 

で、この両方において厄介なのが「偏った正義感」。

認知を上げることで救えることも世の中には確かに存在する。

けれども、果たして認知を上げることが世の中を変えることにつながるのだろうか。

 

私はセーフティーネットでもあると思っています。実際、救われたと思ったし、だから今の私は生きているし。

 

なんで「かわいそう」だと決めつけるの。

「かわいそう」だといけないの?

そういう風にしか生きられない人、生きられないタイミングがある。

人生はその人が作るものだから、誰かが介入するにはものすごい労力が必要だと思う。

だから、社会福祉は難しい問題なわけだし。

 

妙な「正義感」で、それっぽっちの気持ちで救えるわけがないと思ってます。

メンタル面も金銭面も仕事面も、あらゆる生き方において、そんな上辺だけの人に救えるわけがないと思っています。

 

これはものすごい批判だけど。

 

だって「悲しいことばかりじゃないです」って語っているじゃない。

その取材者の方は。

 

なのに、全体通して読むと「かわいそう」に見えるように構成しているのは悪意でしかない。

それをしたり顔で読む、分かったつもりのおっさんやフェミニストにはヘドが出る。

 

お前に救えるか。

救えないからほっとけよ。

 

女の子買ったくせに「やった後に説教垂れるおっさん」とやってること一緒だからな。

行動もしないくせに分かったつもりになられるのが一番頭に来ます。

 

 

 

 

AV女優の格付け

はじめまして。

今日からブログをはじめます。

 

タイトルにもある通り、私はAV女優でした。

 

皆さんはご存知ですか?

私も始めるまで知らなかったけど、AV女優にはランクがあるそう。

 

 一番下が「企画女優」と言われる、ハードなこともするような女優さん。

顔出ししないで出演できるのはこの辺りみたい。一本のAVに何人もの女優さんが出てくるものが多い気がしてます。

一番上は「メーカー専属単体女優」です。

「début」的なタイトルからスタートして、同じメーカーで何本か出すような女優さん。

わりと優しめな内容が多いように思います。

そりゃあね、何本契約って初めに契約している「商品」ですから。大切に扱ってもらえますよね。

「企画」と「専属」の間に「キカタン(企画単体)」とかもあります。

 

専属の中でもさらに格付けがあるように感じます。

パブ全開(=パブリシティ。テレビとか雑誌に出ますよっていう。)の人はやっぱり知名度も高いし。

今では元芸能人もたくさんいるし。

 

ちなみにパブはAV嬢が契約する時にがっつり決めます。出たくない子は出ません。(ネットは別かな?)

パブガチガチに縛ると売れないから、メーカーによってはパブの範囲でしぼったりもしてるはず。

 

詳しいのはこっちかもしれない。

応募前にめちゃくちゃ熟読しました。

http://av女優募集.tokyo.jp/narutame/

 

ぶっちゃけ私、あんまり詳しくないんです。
「専属」と「キカタン」を数本出演しただけで今は普通の人間として生活してます。あはは。